事業案内business

その他開発・取扱商品

地球環境や自然災害に配慮したコンクリート二次製品の開発・取り扱いに取り組んでおります。これらの製品を製造する設備も取り扱っております。ぜひ、お問い合せ下さい。

H型PCパイル地震対策にオススメの住宅地盤補強

H型PCパイル

特長

  • 強度が大きいPC杭の為、曲げに強くプレストレスにより取扱時におけるクラックの心配がない。又、コンクリートの圧縮強度が高く耐衝撃性にも優れています。
  • 軟弱地盤に最適H型断面の為、通常の円筒杭より周面摩擦が大きく、地盤の先端抵抗と周面摩擦力で建物を支えます。又、地中に硬い支持地盤があれば、その効果はさらに倍増します。
  • 優れた耐久性コンクリート製のため錆に強く、基礎杭としての性能を持続します。
 
性能比較
性能比較

H型PCパイルは250φのRC杭1種と比べて

  • 曲げ耐力が同等程度。
  • 杭周長が長くて有利。
あらゆる地盤に対応
あらゆる地盤に対応

杭長3m~17m

  • 7mまでは単杭で施工可能。
  • 2本継ぎで最長17mまで施工可能。

麻生商事製 環境保全型ポーラスコンクリートブロック"がんじょう"だけど"やさしい"コンクリートブロック

ポーラスコンクリートとは?~骨材をセメントペーストで結合することで連続した空隙をたくさん持たせています。

大型空積みブロック~ 通潤(つうじゅん) ~

大型空積みブロック ~ 通潤(つうじゅん) ~

  • 空積み工法で適度な空隙を有し植生物の生息を可能とし、護岸背面との水循環を確保する環境保全に適しています。
  • 胴込部はポット状で、土砂の流出を防ぎます。
  • ブロック表面の開口を大きくし客土量も十分に確保できる為、ボリュームのある緑化擁壁が期待できます。
  • ブロック中空部には、現地発生土を直接投入できるため、郷土植物の回復が可能になります。
  • 1㎡当りの使用個数が2個と大型で、施工の省力化が図れます。またR施工にも対応できます。
  • 表面はハツリ模様で、ポーラスとの組み合わせで景観にも配慮できます。
  • 大型空積みブロック01
  • 大型空積みブロック02
  • 大型空積みブロック03
環境保全型積みブロック

環境保全型積みブロック ~ 翠(みどり) ~

  • 胴込部の材料の組み合わせにより、用途に応じた機能(植生、通水性、発生土利用、強度・質量確保)が得られます。
  • 練積み工法で荷重に対する安全性を確保しながら、護岸背面との水循環も確保できます。
  • 前面胴込部はポット状で、土砂の流出を防ぎます。
  • ブロック中空部には、現地発生土を直接投入できるため、郷土植物の回復が可能となります。
  • ブロック表面の開口は大きく、また植生箇所が多く確保できるため、ボリュームのある緑化護岸が期待できます。
  • 1㎡当たりの使用個数が4個で、施工の省力化が図れます。またR施工にも対応できる構造となっております。
  • 表面はハツリ模様で、ポーラスとの組み合わせで景観にも配慮できます。
  • 環境保全型積みブロック01
  • 環境保全型積みブロック02
  • 環境保全型積みブロック03
大型練積みブロック ~ 悠然(ゆうぜん)Ⅱ型 ~

大型練積みブロック ~ 悠然(ゆうぜん)Ⅱ型 ~

  • 控厚を35㎝有したポーラスコンクリートの環境保全型積みブロックで、従来の積ブロックと同等以上の性能を有します。
  • 1㎡当たりの使用個数が2個と大型で、間知型ポーラスブロックに比べ施工の省力化が図れます。
  • 表面の割石模様はポーラスとの相乗効果でより良い自然環境を創出し、景観にも配慮できます。
  • 大型練積みブロック01
  • 大型練積みブロック02
  • 大型練積みブロック03
大型練積みブロック ~ ポーラス緑生(りょくせい)Ⅰ型 ~

大型練積みブロック ~ ポーラス緑生(りょくせい)Ⅰ型 ~

  • ボックス形状で客土部が深く、ボリュームのある緑化法面が構築できます。
  • ポーラス内部の多孔質空間は透水・通気性に優れており、植物の根から発生するガスの停留による根腐れを防止し、植物の発育を促進します。
  • 水際は詰石を施すとポーラスと共に多孔質護岸となり、生物膜による河川本来の水質浄化機能を取り戻します。
  • 中詰材が流出する恐れのある箇所などでは、ネット工法により防止します。
  • 大型練積みブロック01
  • 大型練積みブロック02
  • 大型練積みブロック03

保水性コンクリートブロック工法都市環境の「安全」「快適」を支える

飽水状態の保水性ブロック

ドライキャストコンクリート技術と科学技術が融合

この工法の大きな特徴は既設の即時脱型設備と材料を活かし、ミキシング段階で新開発の混和剤水溶液を投入する簡単な作業だけで、ブロックに保水性と透水性を与えることができる事です。

従来の即時脱型製品の舗装材や土木ブロックにこの工法を活用しますと、従来製品と同等の強度と環境保全機能を持つ製品を低コストで商品化することができます。

路面温度上昇の抑制のメカニズム

【 降雨時 】 ブロック内の連続空隙に水分を吸収・保水します。【 晴天時 】 ブロック内の水分が蒸発、気化熱により路面の温度上昇を抑制します。

  • 路面温度上昇の抑制のメカニズム01 降雨時、毛細管現象によりブロック内の連続空隙に水分が吸収・保水される。
  • 路面温度上昇の抑制のメカニズム02 ブロックが飽和状態になると地中に水分が浸透する。
  • 路面温度上昇の抑制のメカニズム03 晴天時、ブロック内の水分が蒸発、地中の水分もブロックを通じ蒸発し、路面の温度上昇を抑制する。
フィールド実験

一般的なアスファルト舗装の路面温度より10度以上低く、且つ持続性のあったものとして 「優れた技術」との評価を受けました。

  • フィールド実験01
  • フィールド実験02
  • 国土交通省関東地方整備局と東京都の「環境舗装東京プロジェクト」フィールド実験場
  • 保水性コンクリートブロックの表面保水性コンクリートブロックの表面
    (顕微鏡写真:北海道立工業試験場)
路面温度
赤外線放射カメラによる測定 赤外線放射カメラによる測定
舗装内部の温度
アスファルト舗装に比べ10度以上路面温度上昇を抑制 アスファルト舗装に比べ10度以上路面温度上昇を抑制

多孔質構造形成のメカニズム

特許第3740559号”保水性コンクリートブロック及びその製造工法”

  • 多孔質構造形成のメカニズム_イメージ01高分子混和剤の正電荷とセメント粒子表面の負電荷が瞬時に反応。
  • 多孔質構造形成のメカニズム_イメージ02高分子混和剤の働きによりセメント粒子の凝集・団粒化が促進。
  • 多孔質構造形成のメカニズム_イメージ03さらにセメント団粒が互いに連結・架橋。
  • 多孔質構造形成のメカニズム_イメージ04微細な多孔質構造を持ったコンクリートが生成。
舗装材
  • ヒートアイランド現象の緩和
  • 雨天時の走行性向上
  • 雨水時の排水施設への負担軽減
  • 周辺街路樹の保護育成
  • 寒冷地の融雪対策
土木ブロック・植栽ブロック
  • 夏場の植栽ブロックの乾燥防止
  • 道路法面、護岸ブロックの植物育成対策
製品例
  • 保水ペイブ涼風-すずか-_イメージ01保水ペイブ涼風-すずか-
    表面の凹凸とひとまわり大きめのサイズが、洗練された印象を演出。
    ヒートアイランド現象抑制にも貢献。
  • 低熱型インターロッキング平板_イメージ02 低熱型インターロッキング、平板
    カラーバリエーションは普通インターロッキングブロックと同様です。無着色、天然石仕様のNCブロックにも対応可能です。抗菌・防汚加工したものもご提供できます。
  • 保水性インターロッキング・平板_イメージ03 保水性インターロッキング、平板
    製品全体に無焼成リサイクル材料(ガラス、溶融スラグほか)を60%以上使用した、CO2を排出しない循環型リサイクルシステム製品です。
  • 保水性植栽ブロックグリエ_イメージ04 保水性植栽ブロックグリエ
    保水機能により湿潤状態を長く保ち、貼り芝の生育に寄与します。使用状況により多種多様なバリエーションも対応可能です。

モバール磯焼け対策・藻場造成・産卵藻礁造成・水産資源増殖礁造成

モバールとは?

モバールとは?

  • 「えこさんど」に海藻類の成長に必要な栄養を補強配合したコンクリート用粗骨材です。
  • 表乾状態にして袋詰にしてあるので、そのままコンクリートに混ぜるだけで自由な形状のブロック「ビオユニット(藻礁)」が成型できます。
  • 平成29年3月26日放送 NHK「小さな旅 冬霧の海で~北海道 北斗市~」にてモバール混入のフノリ礁「リノフーレ」が紹介されました。
 
「えこさんど」とは
「えこさんど」とは

北海道電力株式会社 苫東厚真火力発電所の脱硫装置から発生する排ガス中の窒素酸化物等を吸収させた使用済み脱硫剤のことで、下記のような性質を有します。

  • 多孔質で吸水性に優れ、水中において固結する。
  • 海藻の成長に必要な栄養素である硝酸塩を多量に含んでいる。
  • 有害物質の溶出が無い。
  • 比表面積が大きく脱臭・濁水浄化機能等を有し、土壌改良剤・ペットのトイレ・冷蔵庫の脱臭剤の他、肥料にも利用されている。
「ビオユニット」とは
「ビオユニット」とは

モバールを混入して成型された藻礁用コンクリートブロックの総称です。

  • 海藻類に必要な栄養塩が徐々に溶出し、海藻類の初期成長を促します。
  • 基質表面に適度な凹凸を有し、胞子の着生に優れた効果があります。
  • 基質表面の凹凸が植食動物による食圧から初期葉体の生存率を高めます。
 
ビオユニット(モバール)施工実績(事業及び試験研究)
ビオユニット(モバール)施工実績(事業及び試験研究)
ビオユニットと普通コンクリートブロックの比較写真
ビオユニットと普通コンクリートブロックの比較写真

畜産環境事業コンクリート製品を通じて畜産業界に貢献

フレアボックス - 用途・条件に合わせて5種類から選べるV型飼槽

フレアボックス - 用途・条件に合わせて5種類から選べるV型飼槽

設置が容易にできます。設置後、再度飼槽の移動が可能です。

  • 牛舎内、屋外に設置する飼槽です。
  • 牛の月齢に合わせて大きさを選定してください、牛舎内では3型と4型が主流となります。
  • 2型は屋外(パドック)での使用を目的としております、高さが低い場合などはコンクリート平板等で調整してください。
  • 各製品には横蓋も御用意しております。また牛舎内の寸法に合わせて異形製作も可能です。
  • 高い方の立ち上がりを手前と同じ高さにする事も実績として御座いますのでお問合わせ下さい。
  • フレアボックス1型フレアボックス1型 立ち上がりをほぼ垂直にし、手前の内側にアールをつけて、餌の管理を軽減。
  • フレアボックス2型フレアボックス2型 屋外設置に最適。飼槽底面をフラットにして清掃、除雪の作業性向上。水抜きがあるので飼槽内に水が溜まらない。
  • フレアボックス3型フレアボックス3型 牛側が垂直で飼槽が仕切り壁の役割をする。
  • フレアボックス4型フレアボックス4型 3型よりも大型の牛に適している。
  • フレアボックス5型フレアボックス5型 手前の壁を傾斜させて牛が食べやすくします。

フレアブロック - サイロ選びのポイントは安全性、作業性、経済性

使用用途にあった すべてのユーザー様に 安心してご使用いただけます。

  • フレアブロック01
  • フレアブロック02
  • フレアブロック03
  • 経済性バンカーサイロ用として専用設計・一貫生産することで大幅にコストダウン、さらに土地を有効活用できる自立式を採用し、並列施工を可能としました。
  • 耐久性コンクリート構造物は耐久性に優れ、維持費が他の材料に比較して少なく、品質管理の行き届いた工場で製作され、高品質で高強度の製品をお届けします。
  • 施工性製品は組立式で簡単な構造になっています。更に自立式のため設置場所を選ばず、施工に優れていて工期の短縮ができます。
  • 安全性考慮される上載荷重を基に構造計算により設計。サイレージ調整にかかせない大型機械による鎮圧も安心して作業していただけます。
フレアブロック図
  • 延長方向のパネルは逆T字型とし両面使用できて踏圧時に圧縮が良くなる様に壁が下へ行くほど厚くなっています。
  • 壁下端の厚さは現場打設の壁と同等の厚さを有しています。
  • 組み合わせにより奥壁を設けることも可能ですが一般使用の場合奥壁を設置するより延長を延ばされることをお勧めします。
  • 構造計算(土木構造物 擁壁類)を基に使用条件に合わせた製品を御提案します。
  • またいくつかのオプションも御用意しておりますので御相談下さい。

パネル式鋼製型枠 スラリーストアー仕様

パネル式鋼製型枠 スラリーストアー仕様

現場打ちスラリーストアー

コンクリート製品メーカーとして長年の実績と技術ノウハウに裏打ちされた自信を持ってお応えできるパネル式鋼製型枠です。

  • 家畜ふん尿の利用計画に適した容量でお応えいたします。
  • RC構造の貯蓄槽を鋼製型枠にて短期間での施工が可能。
  • グラスコーティング等の必要がなく低価格で設置ができます。
  • 曲面鋼製型枠が生み出す奇麗な曲面の打ち放し仕上げ面。
  • 内枠の支保工と自立タイプの外枠によりセパレータを必要とせず、水密性と耐久性に優れています。
  • 曲面鋼製枠の組み合わせにより必要な容量にフレキシブルに対応可能です。
設置条件 地下式・半地下式
構造 鉄筋コンクリート (RC)
主要材料 コンクリート:21〜24 N/mm2
製作可能内径 4〜50 m (1m 単位)
製作可能高さ 2〜5.5 m (0.5 m 単位)
壁厚 強度計算により (200〜500 mm)